''The more we make, the more garbage we have.''

These are the words I heard a cleaner mumbling to himself when I was in university.

After years, it still seem that I cannot get these words out of my head.

In today's modern world, mass-produced toy figures are all doomed to end up in a garbage can as junk of no value.

I pick up some from the piles of junk and recreate them into real-scale art works.

The finished works standing tall in the exhibition room make the whole scene look like a dreamland and a graveyard at the same time.

​Lokking at them, I wonder to myself : will they ever reclaim their value again?

 

 

「人間が沢山作るから沢山のゴミが出る。」

大学生の頃、清掃員のおじさんがふとこぼした一言が、今でも気になっている。

現代社会において、大量生産の後に壊れてしまったフィギュアはガラクタとなり、価値を失ってしまう。

そのガラクタの中から幾つかモチーフとしてピックアップし、実寸サイズに拡大した作品を制作している。

完成した作品たちがそびえ立つその光景は、まるで夢の国のようであり、墓場のようでもある。

果たして、彼らはもう一度その価値を蘇らせることができるだろうか。